« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

今週は

今週は本当に忙しかった。
ここ1ヶ月ほど、忙しいのだけれど、今週も同様に忙しかった。
火曜日は仕事が忙しくて家に帰れず、
夫も仕事で帰れず、アンジェがかわいそうなので、
うちの家に私の母に泊まってもらった。
これじゃ、あまりにもアンジェがかわいそう。
満足に散歩にも連れて行ってやれないし、
ご飯を毎日やって、おやつをやるだけで、精一杯。
これじゃ、自分自身幸せとは言えない。
しかも仕事自体が面白ければ、
テンションも上がってアンジェの世話も気持ちよくできるのだけれど、
仕事自体が面白くない。
ちっとも面白くない。
これじゃ、私自身が病気になってしまいそう。
やっぱりちゃんと考えないといけないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブラドールの散歩

この時期、ラブラドールを飼っていて一番困るのが散歩。
昼間は暑いし、北国育ちのラブラドールを外に連れ出すのはかわいそうだし、
早朝や夜しか時間がなくなる。
でも、梅雨の時期だと早朝や夜に雨が降っていると、
外に連れ出せなくなってしまう。
うちのラブラドールのアンジェは、家の中で自由に動けるので、
それほど運動不足にはならないと思うけど、
でも、やっぱり外には行きたそう。
連れていってやりたいのはヤマヤマなのだけれど、
時間がない。

ラブラドールに散歩の歩き方をしつけるのが、実は一番苦労した。
以前にも書いたが、トイレや人への接し方について、
アンジェはさすがラブラドールと思わせてくれた。
だけど、散歩の歩き方には本当に苦労した。
まず、アンジェはとても気の強い、野心家の性格なので、
引っ張りまくる。
しかも、前や後ろ、右や左に、自分が行きたいところに向かって、
好き勝手に引っ張ってしまう。
大人の女性である私でも不意に引っ張られると、
こけてしまったりする。
(参考までに、私の身長は150cmちょっと、体重は50kgくらい)
散歩中にアンジェが大好きな人に会って、
私がそれに気が付かず、不意に思いっきり引っ張られて、
何度も私は怪我をした。
うちに来て、2ヶ月くらいから散歩を開始したけど、
ちゃんと歩けるまでそこから1年半かかった。
毎日毎日、30分以上、同じコースを歩く。
少しでも私を引っ張ったら、すかさずリードを一瞬ぐっと引き寄せて、
「ダメ」と言うことを知らせる。

他のいたずらと同様に、2歳を迎える頃、
アンジェは散歩でちゃんと横について歩けるようになった。
でも、まぁ盲導犬になるわけじゃないし、
アンジェにも少しは楽しみがなくちゃと思うので、
不意にぐっと引っ張るのでなければ、
アンジェが行きたい方向に行かせてあげることもある。
アンジェがあっちに行きたいと思った時は、
ちゃんと私の顔を見て、お伺いを立ててくれたりする。
「あっちに行きたいけど、行ってもいい?」
その顔が何ともかわいくて、
「いいよ、じゃそっちに行こう」となる。
別にアンジェの行きたい方向に行くのは構わない。
不意に引っ張ったり、私の許可なしに行動するのがいけないのだから。
それがラブラドールにわかるまで、根気よく教えるしかない。

この時期の早朝の散歩は気持ちはいい。
朝の5時頃アンジェを連れ出して、近所を歩く。
30分~1時間くらいかな。
ほとんど人も歩いていないので、ほんとにひっそりとしている。
早朝の散歩は気持ちいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブラドールの苦手

うちのラブラドールの苦手は、なんと言っても虫。
ハエ、ゴキブリ、蚊・・・
全てお嫌い。
アンジェのトイレのためにガレージのドアは常に開けてあるのだが、
そのため虫ちゃん達が夏場になると家の中に入ってくることになる。
家の中に入ってきてしまうと、途端にアンジェはいなくなってしまう。
2階にハエが入ってくると、1階に下りたり3階に上がったりする。
羽音が嫌なのかなぁ、あの「ぶーん」って言う音が。
人間でもあの「ぶーん」は嫌だけれど、
人間よりも耳のいいラブラドールにとっては、もっと嫌なのかもしれない。

しかも私が「ぶーん」と言うだけで、
アンジェは怒られた時のいやぁな顔になってしまう。
目を細め口の端を上に持ち上げた顔になってしまう。
その顔見たさに「ぶーん」って言ってしまうこともある。

ごめん、アンジェ。
その困った顔がとってもかわいいねん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラブラドールのしつけ

今日はうちのラブラドールのアンジェのしつけに関して。
ご存じの通り、ラブラドールは大型犬。
もちろん子犬の頃は小さいけれど、
成犬になれば結構な大きさになり、
大人でも不意に飛びつかれたら倒れてしまうほどの力がある。
だから、しつけは非常に重要。
うちのラブラドールのアンジェも子犬の頃、
とてもやんちゃだった。
誰でもとにかく大好きなので、
尻尾を思いっきり振って「大好き!!大好き!!」と、
例え犬の嫌いな人であっても飛びついてしまっていた。

しかし、ラブラドールはれっきとした大型犬!!
もしも不意に子供に飛びついたりしたら、
大変な大けがを負わすことにもならない。

だから、飛びつかないように、
自分が大変な力を持っているってことを十分分からせるようにしつけた。
元々ラブラドールはとても優しい性格で、
人間にもフレンドリー。
だから、自分が楽しくてやっていることでも、
人間にとっては危険でもあるってことを理解させれば、
ちゃんと言うこと聞くようになる。

それには根気が重要。
飛びついた時(わざと飛びつかせたりもして)、
なるべく低い声で、眉間に皺を寄せて「ダメっ!」と一喝を入れる。
頭のいいラブラドールは、「これはやっちゃいけないことだ」って、
1回で理解できる。
もしも理解していなければ、何度も「ダメ」を繰り返す。
例え、ラブラドールが尻尾を振って嬉しそうにしていても、
反省するまで「ダメ」を言い続ける。
もしもラブラドールが理解していなければ、
それは人間側のやり方の問題。
前述したように、なるべく低い声で眉間に皺を寄せて、
大きな声で「ダメ!!」と言えば必ずそれがいけないことだとわかる。

うちのラブラドールのアンジェも決して元からおとなしいいい子だったわけじゃない。
むしろ、ペットショップにいた頃は、
自分よりも大きいサモエドちゃんを散々いじめていたとのこと。
相当ないじめっ子だったらしい。

でもそんなアンジェももう8歳になって、
私の一番の宝物になった。
そりゃ、家を破壊された時には、失敗かもなぁって思った時もあったけど、
根気強く、威厳を持って、必ず理解できると信じれば、
必ず答えてくれます。

私はラブラドールと生活を一緒にできて、
とても幸せだと感じています。
こんなに私の気持ちに合わせてくれて、
寄り添ってくれて、何よりも私の力になってくれる存在はありません。
ラブラドールは見返りを決して求めない愛情を注いでくれます。

アンジェ、もう8歳だけど、少しでも長生きしてね。
私の宝物だから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラブラドールの食事

うちのラブラドールのアンジェの食事は、
ドッグフードと犬用のおやつ。
決して人間が食べるものを与えていない。
犬は人間と違って汗腺が少ないので、塩分は必要ないらしい。
人間が食べるものでは、犬にとって塩分過多になるそうなので、
与えていない。

しかし、私たちが食事を取っていると、当然アンジェにはじっくり見られることになる。
なんと言ってもラブラドールはとても食いしん坊。
一口食べる毎にじっと口元を見られ、
始めのうちは喉を食べ物が通らなかった。
そんなに見ないでよ、アンジェ。
でも、じっと見ていても貰えないことは分かっているので、
よだれを垂らしたりはしない。
わかってんねんやん。
そのじっと見る行為は、何か貰おうとしているのではなくて、
私たちへプレッシャーなのかしら??
お願い、喉を通らないからそんなに見ないでよ、アンジェ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブラドールの理解度

うちのラブラドールのアンジェは本当によく人間の言葉を理解している。
大抵は分かっているのに、分からないふりをしているが、
本当はわかっている。

アンジェは私にとって大事な一人娘なので、
当然人間に話すように話しかけている。
「アンジェ、そういえば上にアンジェのおもちゃが落ちていたけど、
取ってきたら?」とか、
「アンジェ、玄関にアンジェのおやつが落ちていたけど、
食べないの?」とか・・・
いくつかの言葉に異様によい反応を示すが、
なんと言ってもすばやい反応を示すのが、
・ジャーキー
・ごはん
・散歩
・行く?
・車
・誰かなぁ?
・その他、人の名前

本当は全部わかってるんだ!!と感じたことが何度かある。
「アンジェ、上にジャーキーあったで、見てきて」と言うと、
一目散に3階に上がってしまった。
「アンジェ、玄関に荷物あるから持ってきて」と言うと、
さっさと玄関まで行ってしまった。

「お風呂」とか「車」とか、
場所の名前も理解しているようだが、
特別教えた訳じゃない。
なのに、そこへちゃんと行くことができる。
会話の中で覚えてしまったんだと思う。
本当に賢い。

ちゃんと分かってるんなら、
少しは言うことを聞いてよね、アンジェ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のうちのラブラドール

最近うちのラブラドールのアンジェは、
かなり欲求不満らしい。
ゴミをまき散らすのを止めず、
家に私がいる時はとにかくやたらとくっつき、
「ピスピス」言っている。
料理をしていると足下にべったりとくっつき、
危なくて仕方がない。
洗濯物を干しにベランダへ出ると、一緒に出てくる。
お風呂に入ると前で出てくるまで待ち、
寝ようと3階の寝室へ行くとくっついてくる。

とにかく、離れない。
恥ずかしい話だけれど、
洗濯物を入れてある籠から私のパンツを選び出して、
自分のベッドに持ち込むことがある。
恥ずかしいから止めて頂戴と何度も怒ったのだけれど、
止めない。
持って行ってしまうのは、
私のパンツか夫の靴下。

本当に恥ずかしいから、止めてよアンジェ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »