« 実は | トップページ | 手術日 »

退屈だし

実は今日ついさっき手術を受けていました。
麻酔から覚め動けないし退屈だから、この入院の顛末でも書いておこうかな。

そもそも、変と感じたのは去年の年末でした。
私は若い頃から生理がとても順調で28-30日周期5日で終わる、がずっとでした。
それが去年の年末は6日目になって大量の出血があったのです。
おかしいなぁと思いながらも大晦日だったためしばらく様子をみることにしました。
1,2月は普通の生理だったため、そろそろ更年期だしホルモンのバランスを崩しただけかな?と思っていました。
しかし3月は出血が8日経っても止まらずしかも出る量が半端なかったのです。
ドクドクと出る感じです。
さすがにおかしいと思い近所の産婦人科にいきました。
検査、子宮頸がんと体癌の検査と言われ診察台に上がりました。
更年期だからですかねぇ、いやまだそれには早いでしょう、とか言っていると、あぁ筋腫がありますね、これは手術ですね、と言われました。
その後体癌の検査のため中の細胞を採取してもらいました。
しかし、体癌の検査は痛いのです。
子宮口を通過する時、いててててぇとなります。
力抜いて下さいと言われるのですが、痛いのに力を抜くのは無理です。
何はともあれ検査は終了、2週間後に来て下さいとのことでした。
さて、2週間後、めでたくガンではないと判明し、で、この筋腫をどうしますか?ということになりました。
私の筋腫はできた場所が悪く、子宮の中側、粘膜下筋腫というものでした。中側に飛び出しているからその分子宮内の表面積が広くなってしまい、経血が多くなってしまうらしいです。
また筋腫が邪魔で子宮が縮まりづらいらしくそのためなかなか生理が終わらないという症状になっていたようです。
出血量が多く長い、当然貧血状態になります。
私の場合、数値的にはそれほどひどい貧血にはなっていなかったのですが、足の浮腫がひどくなりました。
取った方がいいですか?取らないとどんどん貧血がひどくなりますよ、うーん。
1.5cm程度なので、子宮鏡下手術でいけますとのこと。
この手術は小さな穴さえも開けず、膣からカメラと器具を入れて筋腫を削るというものらしく、入院期間も2泊3日で済み痛みもほとんどないとのことでした。
うーん、2泊3日かぁ、だったら小さい間に取っちゃった方がいいな、と思い手術を受けることにしました。
次にどこの病院で受けるかということになりました。
私を診て頂いた医師はその産婦人科の医師ではなく、国立病院の医師でした。
その病院は家から1時間程度、もっと近くにそこそこ大きな大学病院もあるため、そっちにしようかしら?と医師に相談すると、その病院で子宮鏡下手術をやってるってそんなに聞かないんだよね、腹腔鏡では有名だけどね、腹腔鏡と子宮鏡下はまた違うんだよね、とのこと。
うーん、慣れたところでやってもらった方がいいか、と国立病院で受けることにしました。
手術の前に、子宮鏡の検査を受けました。
これは子宮の中に柔らかい管を入れて水を流しながら中を見るというものでした。
この検査、痛みをかなり感じる人もいるようですが、私の場合はそんなに痛くはなかったです。
と、ここまで書いたら晩ご飯がきました。

ちなみに昨日の食事はこんな感じです、


1375438478061.jpg

1375438479563.jpg

|

« 実は | トップページ | 手術日 »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104768/57913861

この記事へのトラックバック一覧です: 退屈だし:

« 実は | トップページ | 手術日 »